~相模原出身の唄うたい「川上大典」のサイト~

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



since.2002-11-29

last update.2016-01-17

31. Perfect Blue

あてもなく、ただ歩く街角 青く澄んだ空を
眺めていると昔のことを フッと思い出した
「何かを見つけようとするなら 途中で諦めちゃダメさ」
君がいつも言ってた口グセ まだ覚えてるよ

一度は壊れたはずのガラクタ握りしめた手の中
キラキラ、小さな光が揺れた

追いかけて、追いかけて やっと見つけた一つのカケラ
君が教えてくれた、この空に今でも羽ばたいてる

雑踏の中、深呼吸して耳を澄ませば…ほら
胸の中に響いてくるのは 今を生きる証し
「夢に向かって行くつもりなら 明日に憶えてちゃダメさ」
君がずっと探してた場所は、もう辿り着いたの?

何度も破れたはずのオモイデ縫い合わせた心に
それでも、小さな光が宿る

追いかけて、追いかけて そっとすくった一つのカケラ
君が教えてくれた、この空にかざして透かしてみる
追いかけて、追いかけて やっと見つけた一つのカケラ
君が教えてくれた、この空に今でも羽ばたいてる

君が教えてくれた、この空は今でも遙かな蒼


■コメント■
この曲が出来るまでに、何曲途中でボツった事か(苦笑)。
どれも納得出来ない感じになって、もう一種のスランプなんじゃと
結構本気で悩んでた中で、ようやく浮かんだ一つのメロディで
この曲こそはと奮闘した結果、ついに完成に至った一曲です☆

それまでボツった中でも書きたかったテーマに基づいています。
観ようによってはディープに感じたりもするのかな?
でも、僕にとってはこの曲は割と前向きなつもりで書いたんですよ~。