~相模原出身の唄うたい「川上大典」のサイト~

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



since.2002-11-29

last update.2016-01-17

30. スターマイン

墜ちた星屑 人波と月影の街に輝いて
光に浮かぶ君の横顔 髪が夜風に揺れてる

はぐれないように手をつないで肩越しに見上げた空に

打ち上がる彩り満ちた花 空へ還る星のように
消えてゆく光、見つめながら もっと強く君の手握ってた

人波消えた夢の跡 月影、静かに傾いて
思い出すように動く街並 まるで、うたかたの灯し火

それぞれに抱きしめた未来へ集まった僕らを乗せて

舞い上がる想いとなり、いつか空へ還る星のように
咲き誇り消えゆく、その日まで もっと強く君を感じてたい

悲しみに挫けそうな日には 暗闇を照らすように
遠くまで光り、君の側に 咲き誇る花のように
空に光る星のように


■コメント■
え~、Two of usが三日月越えを目指した曲とするならば
この曲は僕の中ではTwo of us越えを目指した曲です。
詩を書く前は、全然違う歌詞にしようかと思っていたんですが。

僕の中では、夏の唄。
その中でも珍しくノリの良い仕上がりとなりました☆
まあ観て貰っての通りラブソングな訳ですが
ただのラブソングとして終わらせたくなかった気持ちがあって
歌詞の中に、そんな部分を組み込んだりもしてるんですよ。