~相模原出身の唄うたい「川上大典」のサイト~

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



since.2002-11-29

last update.2016-01-17

20. High Clear

慌ただしく過ぎる日々を 今日は少し離れ
君からさえも離れてみて 気ままにくり出した
雨上がりのアスファルトは 秋の日射し浴びて
鮮やかに染まる並木と 高い空を映す

街は遠く景色の中に混じり 声も届くことないこの場所で
向かい風に僕が預けたものは 昨日までの歩き方

想いの強さが全てを変えると
信じてたあの頃の僕らに戻りたいから
もう一度、ここからまた君を迎えに行くよ

慌ただしく過ぎる日々を 夢に見てた頃は
鮮やかに映る世界が 光を放っていた

望む景色、霞かかる街のように 薄く白くぼやけたこの胸に
向かい風が僕に運んだものは 忘れていた見つめ方

想いの強さが全てを変えると
信じてたあの頃の僕らに戻りたいから
もう一度、ここからまた君を迎えに行くよ
もう一度、ここから今君を迎えに行くよ


■コメント■
なんか久しぶりに原点回帰したって感じの曲です。
多分、この時点までで一番明るいというか、ポップな曲と思われ。
テーマは、”見つめ直す”って感じかな。
慣れって、良い面もあるし悪い面もある訳で…。
人間関係とか、慣れて円滑になる事もあるけど
初心忘れるべからずっていうか
良い意味での緊張感も大事にしたいですね。 そんな感じです。